梱包された清洲橋



クリストのアートにも見える?

クリストは巨大な造形物(橋、海岸)を一時的に布で覆うことで表現する芸術家である。
巨大な布等の費用は企業などに頼らず自ら作り出し、展示後の布はリサイクルされる。
0から創り、0に戻す。永続ではない一時的な芸術にこだわっているようだ。
見慣れた風景が一時的に変化することに芸術性を表現したかったのだろう。
上写真は塗装工事?のために足場が組まれネットで覆われた清洲橋であるが見慣れた風景が一時的に激変した光景はクリストを連想させる。



梱包されたセーヌ河の橋
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/96/Pont_Neuf_emballé_par_Christo_%281985%29.jpg




梱包以外にも下記のような作品も表現している。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5a/Umbrella_Project1991_10_27.jpg
アンブレラ・プロジェクト(茨城県)







建築の森

白く輝く森(日本橋三越:隈研吾氏)

隈研吾が日本橋三越の売場をリニューアルした。
既存の柱に装飾をしたものであるがおとぎ話の森をさまよっているような気分になった。

建築内部を樹木を模した柱で森のような演出する事例を探してみた。
事例は結構多く一部を列記する


サクラダファミリアの柱(ガウディ)


















 コロニアルグエル教会(ガウディ)




























































SCジョンソン社アドミニストレーションビル


設計:フランク・ロイド・ライト 「樹木の形」を意味する「デンドリフォーム」












雨がつくったペーブメント


雨上がりの平板舗装に樹木の樹冠を写し取ったような模様が描かれていた。
太陽は樹木の陰影を舗装面に描き、雨は樹冠を描く。
こんなペーブデザインがあっても楽しいと思う。